忍者ブログ
スポーツサイクルタイヤ専門店!marco自転車タイヤショップの商品紹介を中心に書いております!                   注)古い記事内での価格は変動している場合がありますので詳細はお問い合わせください。
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 日めくりカレンダー
    カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    東京駅の時計
    店舗所在地
    文字なカウンター
    あなたは
    人目のお客様です
    アーカイブ
    ブログ内検索
    お天気情報
    お天気カメラ
    海辺の天気はどうかな?
    「サイクルライフなびっ」さん提供
    最新コメント
    [10/30 marco店長]
    [10/30 亀次郎]
    [10/29 野兎マリヲ]
    [10/03 野兎マリヲ]
    [08/02 野兎毬子]
    [08/02 marco店長]
    [07/30 野兎毬子]
    [07/16 野兎毬子]
    ショップへメールする!
    marco自転車タイヤショップへのメールはこちらから。お問い合わせやメッセージ。おまちしてます!!
    marcocycletire(@)cure.ocn.ne.jp メールは( )を取ってください。
    最新トラックバック
    バーコード
    おとといフランスからでっかい荷物が届きました。


           


    箱はサムスンの液晶テレビせすけど、わざわざフランスから大型テレビを
    輸入したわけではありません。

    中身は、2000年代最初の頃のイタリアンアルミフレーム

    何で今更アルミフレームなのと思うかもしれませんが、この時期の
    アルミフレームはパイプメーカーが台頭してくるカーボンフレームに対して
    かなり挑戦的で革新性のあるアルミ素材を造ってきてそれらを使ってつくった
    フレームが数々あったので興味がつきません。

    どこの何と言うパイプを使ってるかでどんな自転車を作りたかったか
    なんとなくわかった古き良き時代です。

    今乗ってる OLMO は99年製でこの頃主流だった Dedacciai 7003 で
    素材的にはいたって普通なんですが、それでもすばらしい乗り味なんです。

    あのアルミ合金だったらどう変わるんだろうとか、いろいろなブランドの
    パイプ素材に乗ってみたくなっちゃうんです。

    自分は、80年代最初の頃学校を卒業して航空機関連のメーカーに就職し
    10数年エンジニアをしていたこともあってアルミ合金の知識も
    若干あるしアルミ素材を設計にいろいろ使ってた経験上、この素材に
    愛着があるんです。

    仕事ではアルミ素材での設計がほとんどでしたけど、実は学校の卒研の
    テーマは「繊維強化プラスチックの異方向性と面内剪断力の関係」でして
    今では一般的になった東レのトレカのカーボン繊維を使ってレイアップして
    CFRP板とか自分で作ってた経験もあるんです。
    そんなんで、今時のカーボンフレームの優位性も十分わかるんですけど
    今はまだあんまり乗ってみたい気持ちが起こらないんですよね。

    まー何はともあれ、アルミは腐食に弱かったり激しく使われた関係で
    生き残ってる当時フレームが年々少なくなってきていて、程度の良い物を
    見つけるのがかなりむずかしくなってきました。
    チタンフレームを探すのより数倍むずかしいと思います。

    今回探していたのは、Dedacciai  V107 バイプを使った2004年のフレーム

    やっと見つかり入手できました。

    どこのフレームなのかは、開梱してきれいにしたら後日お披露目します。
    興味のある方は少ないと思いますけどね。

    拍手[17回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    てんちょさんが
    自転車のフレーム素材としての「アルミ」にはいい印象を持っていない(弾力のなさ・破断しやすいなど)のですが、てんちょさんがそれほどまでにおっしゃるのなら、興味津々で拝見いたしまつ!
    NONAMEさん / 2017/03/03(Fri) / URL
    私も
    実はアルミフレームの印象は同じでした。それはたぶん自分の最初のアルミフレームが80年代のMTBだったせいもあるんでしょうけど、この印象もOLMOのハイエンドのアルミフレームに乗ってみて間違ってたことに気付きました。 競技するわけではない自分のまったくの好みの問題ですけど、もう一台のCOLANAGO C40よりもOLMO RECORDのほうが乗ってて楽しいんです。 ただひとつ不満があるのがもう少し軽いといいなと、そう思っていたところのDedacciai V107なので、はたしてこのフレームの乗り味はどうなんでしょう?
    marco店長さん / 2017/03/04(Sat) /
    お披露目は…
    いつもブログを見させてもらっています。
    私もごく一部かもしれない、興味津々な輩の1人です。

    本気時代の、しかもmarcoの店長さんの
    お眼鏡に叶ったアロイフレームのお披露目、
    今か今かと待ちわびてます!
    早く見てみたいです笑

    お店にもお伺いしてみたいと思いつつ、
    未だ行けておりませんので、
    そのうち必ずお邪魔させて頂きます。

    お披露目待ってます笑
    mesiaさん / 2017/04/30(Sun) /
    ありがとうございます
    mesiaさん、つたないブログを見ていただきありがとうございます。
    今お手入れ中のアルミフレームは、お披露目してしまえばなーんだってような代物ですがそのうちには組立られると思いますのでお楽しみにしててください。
    marco店長さん / 2017/05/01(Mon) /
    DT SWISS RR511 RIM HOME 3月1日(水)お休みします
    Copyright © marco自転車タイヤショップ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]